スイス製木製玩具  赤ちゃんの木のおもちゃの通信販売 ネフ社おしゃぶり がらがら ラトル リングリィリング


スイス ネフ社のがらがら



リングリィリング

軽くて持ちやすい♪
小さな赤ちゃんのお手々にぴったりのガラガラです。




リングリィリングは、約30g
まだ、握力のない赤ちゃんのために、特別に軽く仕上げられています。




発達と遊び【リングリィリング】


2か月頃になると見つめているものから音が出ていることを学び始めます。(聴覚と視覚の複合)
また、この頃には目の前のものに手を出し、引き寄せようとします。でも、まだ思うようにはいきません。

リングリィリングを持たせてもらうと喜びいっぱいに手をバタバタ動かします。
(がらがらの音がすると、音がなるのが嬉しくって更に動かそうとするようですので、このリングリィリングの軽い音はもってこいです。こうやってまだ自由とはいえない手足を動かすことも発達を促すことにつながりますね)

☆point ☆
触りたいけど触れないこの矛盾を感じる間を与えてあげることが大事だと白石正久先生はおっしゃいます。
ですから、すぐに渡してあげるのではなく、目の前でリングリィリングを見せてあげて一呼吸おいて、
「触りたい」の気持ちをたっぷり膨らませてから渡してあげてください。

3か月になると、それまでギュッと中に入れていた親指が外に出ておもちゃもじょうずに持てるようになります。


4か月頃になると、はっきりとした意思をもって手をだすようになります。 
赤ちゃんが手にリングリィリングを持っているとき、お母さんも目の前で別のおもちゃを振ってみてあげてください。同じように振ろうとしてくれるかもしれませんよ。 一緒だねを共感できたら大人も嬉しいですね。

この頃には、仰向け姿勢での遊びも盛んですが、腹ばいの姿勢もさせてあげましょう。
腹ばいしたときに大好きなものが目の前にあったら、子どもは一生懸命ひじで支え、くびをあげようとします。こうして、くびのすわりやひじの支えなどを促してあげましょう。
☆point  ☆
まだ腹ばいは上手ではないので、おもちゃだけではなく、お母さんも向き合って腹ばいになってあげると、上手にできなくって崩れかけた気持ちを立て直して、またくびを持ち上げようと頑張でしょう。同じ目の高さで、がんばったことを喜び合ってくださいね。
そして、手を伸ばしてつかもうとする意欲を引き出してあげてください。赤ちゃんは目標のものを手にすることができたとき、とてもうれしそう。 この達成感を心のバネにして今度は、おもちゃを手でつかもうとして、寝返りに挑戦するようになってくるようになりますよ。

どんな匂い?どんな感触?どんな味?どんな音?どんな重さ?どんな形?
8か月頃になると、赤ちゃんは五感を使って物をとらえようと、まずはお口へ・・・何でも口に持って行って、確かめる時期になります。



ちっちゃな赤ちゃんでも持ちやすいとても細いがらがらです。
特別に軽く作られ、振ると4つのリングが軽やかな音を出します。

ネフ社の他商品との大きさ比べ


■商品番号 NT-3
■商品名 リングリィリング
■価格 3,000円 +税
■メーカー スイス製(ネフ社)
■サイズ (Ф8cm)
■備考

 


Moku Moku Land メープル 〒738-0023広島県廿日市市下平良1丁目3-20 TEL&FAX 0829-32-4443 mokumoku@triton.ocn.ne.jp http://www5.ocn.ne.jp/~mokumoku/
(c) Moku Moku Land メープル Limited All Rights Reserved.