ドイツ製 木製玩具 レシオ社のハンマートイ パロ

ドイツ レシオ社のたたくおもちゃ

パロ


一度見えなくなった玉がコロンと出てくるよ。

まず、手のひらで押し入れる感触を楽しんで。

大きくなったら、ハンマーも使ってみよう。

箱の上に乗せた玉を叩くと横の穴から ゴロン と玉が出てきます。
自分の行為で変化がおきる というのは 赤ちゃんにとって とても嬉しいことのようです。

カラフルなボールが赤ちゃんの目にとまります。
ゴムが固くないので、手の力で押し込めるのが嬉しい




発達と遊び【パロ】
 
ボールに手を置いてギュッと押したらボールがなくなった!
と思ったら箱の中から転がって出て来た・・・。

赤ちゃんのあたらしい発見です。



8か月頃になりお座りができるようになると、お母さんに「抱っこ」などのスキンシップだけでなく、
大好きなお母さんに支えられて、新しいことをいっぱいしたくなる頃です。

お母さんのひざの上で・・・お母さんと向き合って・・・たくさん遊んであげて下さい。
まずは手のひらで押し入れる感触を楽しんで。


11か月頃になると因果関係がわかってくるので、転がってきたボールを自分で穴に乗せるようになりますよ。

 
1歳半頃になると、離乳食のときスプーンを使うなど、いわゆる「道具」を使用できるようになります。
この頃になったらハンマーも出してあげましょう

的が球なので、ハンマーを確実にまっすぐ振り下ろさなくても、ちゃんと玉にあたってくれます。
「できた」の表情で赤ちゃんが振り返ったときに「できたね」と共感してあげてくださいね。

 

☆point「できたよ」☆
「できたよ」の振り返りにしっかり共感して「できたね」とかえしてあげてください。こうして大好きなお母さんに支えられて、「できた」ことをしっかり認めてもらえることが、「自分ってすごい」という自己肯定感につながり、「もう一度やってみよう」という意欲につながってゆくのだと思います。
■商品番号 LE2081
■商品名 パロ
■価格 4,600円 +税
■メーカー ドイツ製(レシオ社)
■サイズ 木玉( Ф4,5cm)

 

補充用パーツ
●LE9991 パロ用玉/赤・青・黄・ 各420円
●LE9992 パロ用ハンマー 1,050円

Moku Moku Land メープル 〒738-0023広島県廿日市市下平良1丁目3-20 TEL&FAX 0829-32-4443 mokumoku@triton.ocn.ne.jp http://www5.ocn.ne.jp/~mokumoku/
(c) Moku Moku Land メープル Limited All Rights Reserved.